10日間天気で旅行前半部分の予報が出てきたので

いつになったら梅雨明けするんだろ?!という天気ではありますが、とりあえず10日間天気予報が旅行日にかかるようになってきました。とはいえ、

問題①半日で予報が180度変化するのはザラ

このくらいですと、予報の精度は非常に低く、朝は晴れの予報だったのに、夜になると雨予報に変わっているなんてことはザラです。
あとは、突発的に台風が発生して、時速30キロ以上で発達しながら動いてくるともう予想がつきません。

問題②サイトによって予報がバラバラ

10日間予報を出しているので有名なのは、
ウェザーニュース
tenki.jp
がありますが、この二つの予報が食い違っていることもままあり、どちらを信じればいいのやらとなることが多いです。
結果的にどっちが正しかったかも五分五分くらいです。

プランニングの変化

7月7日頃に組み立てたルート

7月12日頃ルート変更を思い立つ

どんどんマニアックにルート変更

ルートの為なら早起きは全く辞さず

はっきり言って、目的の為なら手段を選ばない展開もあります。
過去には4:34発の始発列車に乗ったなんてこともありますが、それこそ6時前にスタートさせることはよくあります。
まぁ、皆さん旅行初日はブーブー言いつつもものすごい早起きをされるでしょうからそれに近いものです。

1日目と2日目のルート変更

当初は1日目に新神戸→剣山→かずら橋→祖谷渓泊、2日目が祖谷渓→別子銅山跡→しまなみ海道→姫路でした。
天気予報が後半になるにつれ良くなる予報だったので、眺めを重視する剣山を後半に持っていくようにしました。
しまなみ海道を通るとかなり大回りなのは承知ですが、別子銅山を午後から見るようにして夜に祖谷渓に着くようにしても何とかなりそうなので、どうせならとスタートを新神戸駅よりも新幹線に乗って西進して姫路からとして時間短縮を図りました。同一県内ならば乗り捨て無料のトヨタレンタカーのルールを最大限活用していきます。

厄介なのは別子銅山の東平ルートに通じる市道が大雨で通行止めになっていることで、ギリギリまで続くようであればまたルートを逆に戻す可能性もあります。
そうなったら、別子銅山からの帰りもしまなみ海道をあきらめて淡路島ルートにすると思われます。

車を2日目の夜で返却することに

当初は2日目が姫路に泊まるようにしており、3日目の朝に新神戸へ返却するようにしていました。
ただ帰りが淡路島ルートになったのと、泊まる場所が神戸等都市部になることで駐車料金がかかることを踏まえて夜の内に返却するようにしました。いずれにしても48時間借りることに変わりはないので料金は変わりませんが、このほうが効率が良くなります。

その為、明石海峡大橋を出てなるべく高速出口に近い営業所は・・・?と探してみたら兵庫駅前が最適と判断しました。
その後の列車の接続を考えるとJRの新快速の止まる駅でもいいのですが、そのまま快速に乗って大阪に行ってもそれほど時間差がないようです。

阪堺電車を乗ってみようかと

どうせならと宿泊先を新今宮あたりに変更し、当日の夜か翌朝早くに阪堺電車に乗るルートも考えてみました。
こちらは兵庫駅に到着する時間次第なので二案を持っていきます。今の所は夜に乗り切るつもりでいます。
このため、宿泊先は新今宮にしたのですが、どうも線路に近すぎてうるさくて眠れそうにないのと、知名度があまりない宿でしたので、出来たばかりのアパホテル恵比須町に泊まるようにします。

BRT今里ライナーは朝一番になるので渋滞の心配解消?

日中に乗る予定だった今里ライナー(BRT)が朝になる見込みになったので、渋滞の心配がほとんどなくなりました。

長居から御堂筋線等で大阪の予定が、近鉄利用で京都へ

長居から地下鉄に乗って梅田に出て大阪から富山へ向かう予定でしたが、近鉄のポイントが月末で切れることがわかり、せっかくだからと近鉄に乗車して特急券分のポイントを消費するようにしました。

福井に立ち寄り可能に?

JR西日本の特急券予約もWEBサイトから行っていましたが、京都に出る時間が早まったこともあり、福井での予定を組み込むことにしました。

黒部宇奈月温泉から富山地方鉄道や黒部市バス利用で電鉄黒部~黒部を連絡?

同様に富山に到着する時間も早くなったので、黒部宇奈月温泉まで新幹線で行って、わざわざ電鉄黒部・あいの風とやま鉄道黒部駅に連絡するルートを使うようにしました。これでも直江津には予定より1時間早く到着できます。

峠駅で乗り降りするか、利府と阿武隈急行丸森駅まで行くか?

最終日の朝は2プランがあり、まだ決められません。
①奥羽本線の峠駅で乗り降りし、福島から新幹線で仙台に向かうか、ギリギリ接続の続く普通と快速列車を乗り継ぐか。
②仙山線で仙台に出てから利府に寄り、さらに阿武隈急行の丸森までを往復して仙台よりひたち号に乗るか。

双葉駅で原発避難区域解除地に降りる

上記の①で新幹線利用した場合と②のパターンならば常磐線で長らく不通になっていた双葉駅で降りて、40分ほど滞在しようと思います。
本来は車を借りるつもりでしたが、平日と休日では全く料金プランが異なる為に断念しました。

水戸から鹿島臨海鉄道に乗るのを追加

水戸から鹿島臨海鉄道に乗って鹿島神宮から帰っても十分間に合うことがわかりましたので、常磐線直通から変えました。

成田から京成に乗って、山万と東葉高速鉄道に立ち寄れる?

成田からの接続がJRは非常に悪く、一旦成田空港まで行くほうがマシなくらいでした。
どうせなら近くにある京成に乗り替えたほうが30分くらい早そうです。
さらに山万ユーカリが丘線と勝田台からの東葉高速鉄道に乗って西船橋まで出て、再びJRに乗っても十分ぽいので、それも採用します。
週末パスは熱海まで有効なので、最後は熱海から在来線を乗り継いで静岡まで行き、最後は新幹線で浜松に帰る予定です。こだまだと23:25着ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です