こんにちは!ひとり旅アクティブ系ライターのDJRかもちゃんです。

ちょっとした時にマイルや回数を稼ぐ方法

ちなみに私は静岡県浜松市に在住しています。
今回は、JALステータス修行で、静岡県西部~名古屋鉄道が走っている範囲までで使えるパターンを紹介します。
具体的には中部(セントレア)~羽田の活用、応用で成田になります。


考え方・新幹線との比較

成田・羽田とセントレア・小牧のマイルは実は同じです。
先得割引で片道普通席に乗った場合のFOPは290ポイントです。(FTP=Fly On Pointの略)
クラスJになると328ポイントになります。
サファイアに必要なのが50000FOPもしくは50回+15000FOPになるので、回数の貢献度が高いと言えます。

セントレア~羽田 1時間

  • 10月7日に夜便が9,300円(特割・普通席)羽田発
  • 5月28日に夜便が10,300円(特割・クラスJ)羽田発
  • 5月11日に夜便が8,300円(先得・普通席)セントレア発
  • 5月12日に朝便が8,300円(先得・普通席)羽田発

セントレア~成田 1時間10分

  • 10月7日に午後便が7,850円(先得・普通席)セントレア発
  • 6月28日に朝便が9,150円(先得・普通席)セントレア発
  • 5月4日に朝便が9,050円(先得・普通席)セントレア発

セントレア~名古屋 28分(ミュースカイ)
 名鉄電車で890円、ミュースカイ等指定席利用だと1,250円

羽田空港~品川 15分(快特)300円

名古屋~東京 1時間40分ほど

  • 新幹線自由席で10,560円
  • 新幹線EX-ICの指定席で10,310円
  • 新幹線EX-ICの早割21で8,960円


名古屋~成田空港 2時間45分ほど

  • 新幹線自由席と成田エクスプレスで13,390円
  • 新幹線EX-ICの指定席で13,380円
  • 新幹線EX-ICの早割21で12,030円

羽田空港~成田空港

 アクセス特急のエアポート快特(乗り換えなし)で1,720円

と、羽田~セントレア~名古屋と東京~名古屋は空港経由が時間はかかるものの、ほぼ同額で行けることが分かります。
成田~セントレア~名古屋と成田~東京~名古屋は空港利用のほうが早くて安いですね。


セントレアと羽田・成田はともに1日2往復

運用ダイヤは、多少時間の変更がありますが、1日2往復で羽田は朝と夜、成田は朝と午後(成田発は夜)にあります。


セントレア→羽田は最終便

現在のダイヤですと、セントレア→羽田の便は21:10発となっており、セントレアを出発する国内線の最終便にあたります。
ですので、検査場もこのようにガラガラです。

セントレア~成田を使う場合

成田へ向かう午後便は先日利用しましたが、コードシェアが7つも付いており、文字通り海外へ向かう国内移動としての意味合いが強いです。お客様も外国人が多く見られます。


セントレアへ向かう時は左の窓側で富士山を楽しむ

セントレアから羽田や成田へ向かう際はすぐに遠州灘から太平洋へ出るコースが多いので、あまり富士山が眺められませんが、セントレアに向かう際はたいがい進行方向の左(A席側)に見られます。もちろん雲が多いとアウトなので運任せですけどね!


セントレア→成田の午前便、逆は夜便が国際線仕様が多い

以前はセントレア発の夜便羽田行きも国際線仕様が使われていましたが、最近は国内線機材になっています。
成田行きはセントレア発の朝便とセントレア行きの夜便が国際線機材が多く使われています。
とはいっても、モニターは利用不可ですし、WIFIも利用出来ないというデメリットもあります。

国際線のクラスJの利用価値

国際線仕様の場合はクラスJにすると価値が出ます。特に成田行きはボーイング787-8型が割り当てられることが多く、このクラスJはビジネスクラスに相当しますので、座席がフルフラットでリクライニングしたり結構感動モノです。
これが+1000円で利用出来るのは大きいと言えます。


セントレアへの現地のアクセス

名古屋駅までは、名鉄電車で行くことになります。全車指定席のミュースカイだと28分、一部指定の特急と約15分交互で出ていき、間に急行・準急・普通が入ってきます。指定席は360円ですが、例えば神宮前から乗り換えて豊橋や岐阜方面に行く場合、乗継の特急券も同額で発行してもらえます。
乗り継ぎでない指定券はネットでの予約・決済が可能です。


成田~羽田のアクセス

日中はスカイアクセス戦経由のアクセス特急~エアポート快特が40分おきに走っています。全車自由席のロングシート車両です。

もしくは京成上野行きのスカイライナーで移動し、日暮里からJRで浜松町より東京モノレールで行くか、品川より京浜急行で行くかになります。現在は京浜急行が値下げをしたので200円ほど安くなります。

成田エクスプレスを使えば、若干割高ですが東京駅や品川駅に直通することが出来ます。えきねっとを利用してチケットレスの特急券を購入すれば200円割引になります。


効果的なきっぷ

名鉄を利用する場合、株主乗車券が金券ショップで売られているので、それを利用すると、1670円から概ね1250円前後になるので420円の割引になります。名鉄岐阜とかでも割引が効きますね。

まとめ

JALのステータス修行では回数で制覇を考える人も多くいられます。
東京から名古屋に移動するのに、単純に新幹線で行く代わりにこのような手を使えば1回分稼ぐ事が出来ます。
修行は地道な作業の積み重ねになるので、安く高い成果を出せるといいですね。