東京から浜松へ在来線で4時間以内で行く方法

ひとり旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホームライナー浜松3号が有名ですが

青春18キッパーの方には、沼津(18:31)から浜松(20:10)(実際はそのまま豊橋行き(20:46)の普通列車となります)まで毎日運行しているホームライナー浜松3号が有名です。
豊橋まで実質乗れるので、クロスシートだけで移動出来ることもあり人気が高い列車です。

平日はホームライナー浜松5号も利用可能

今回紹介するのは、沼津を19:25に出て浜松に21:05に到着するホームライナー浜松5号です。12分前に出る豊橋行きよりも32分も早く浜松に到着します。
停車駅も、富士、清水、静岡、藤枝、島田、菊川、掛川、袋井、磐田、浜松とわずか10で、20以上もの駅を通過していきます。

この日は浅草からの帰りでしたので銀座線で上野へ

浅草東洋館でお笑いライブを最後まで見て、早々に銀座線の田原町駅に向かい、上野駅へと向かいます。

上野東京ライン直通熱海行きに

駅構内で飲食類の補充をして、17:00発の上野東京ライン直通普通列車熱海行きに乗ります。

JRE-POINT600ポイント引き換えでグリーン車利用

平日に熱海までのグリーン券を買うと1,000円ですが、JRE-POINT600ポイントの引き換えでおトクに購入できました。
思った以上にグリーン車は空いていました。狙いは平席でしたが、そこは人が多かったので2階席にしました。
東京からは横に乗るくらいの混雑でしたが、茅ケ崎あたりからドッと減ってきました。平塚より先は誰もいない平席でゆったりしていきます。

熱海で豊橋行きに乗り換え

熱海に18:53着。隣のホームに停まっている18:55発豊橋行きに。6両編成で前3両が313系、後ろ3両が211系のロングシート車です。
青春18きっぷの時期とはいえ、この時間の乗り継ぎ客は少ないようです。

沼津でホームライナー浜松5号へ

沼津駅に着いて、12分の乗り換えとなるので、急いで整理券券売機に並びます。
ホームライナー浜松3号ですと、ぼやぼやしていると売り切れになる青春18きっぷ時期ですが、こちらは余裕のようです。

整理券は座席指定だが、現状は自由席扱い

静岡地区のホームライナーはご丁寧に座席指定されるのが嫌なのですが、アナウンスでは当面全車自由席にしているとのこと。
通路側指定だったので、空いている6号車(モーター車が好きなので)へと移動します。

結構閑散としていて快適でした

空いていることもあり、4人掛け席を占領する感じで使いました。グループがくるとアウトなのですが、テーブルもあってちょっとしたプライベート空間になるので人気なところです。
通過駅が多いので、在りし日のムーンライトながらを思わせる快適な走りを見せます。

静岡からも乗る人は少なく、東京から3時間58分で到着

静岡から乗る人も数名程度。以前は酔っぱらった人が多く乗ったものですが、新型コロナの影響があるのでしょうね。
静岡からちょうど1時間で浜松駅に到着します。

タイトルとURLをコピーしました