三重県北部のローカル私鉄旅(モデルコース作り)

ひとり旅
スポンサーリンク

こんにちは!ひとり旅アクティブ系ライターのDJRかもちゃんです。

最初は、朝6時の電車で三重県北部のローカル私鉄旅をしてくる予定でした。

昨日は、秋の乗り放題パスの3日目でしたが、最初の2日間で立ちっぱなしで初日に足はつるは、2日目は山登りで膝が笑うはということで、目が覚めたら6時を回っていて、とても予定していたルートには間に合わない。。。

何かを削って予定の組み立て直し?

この時点では、8時前くらいの電車でないとスタート出来ない状況でした。

もともとが

  1. 四日市あすなろう鉄道
  2. 三岐鉄道三岐線
  3. 三岐鉄道北勢線
  4. 近鉄湯の山線
  5. 御在所岳ロープウェイで紅葉

のつもりでしたが、天気も予報通り今ひとつなので、4と5を外したらどうなるだろうか?と考えてみます。

接続駅はJR駅と私鉄駅が離れている。

乗る列車の接続駅を考えると、

  • 四日市あすなろう鉄道はあすなろう四日市(近鉄四日市)駅
  • 三岐鉄道三岐線は近鉄富田駅
  • 三岐鉄道北勢線は西桑名駅

となりますが、

JR四日市駅と近鉄四日市駅は1.1キロ、徒歩16分ほど
JR富田駅と近鉄富田駅は0.7キロ、徒歩8分ほど
JR桑名駅と近鉄桑名駅は同じ、西桑名駅まで0.35キロ、徒歩4本ほど

歩く必要があります。

全部近鉄移動では別運賃だから

回る順序も含めて考えてみた結果、

  • 一番遠い四日市へ先に行って、元気な内に&雨が降り出す前に近鉄四日市まで歩く。
  • 四日市あすなろう鉄道(あすなろう四日市~内部、日永~西日野)に乗車
  • 近鉄四日市~近鉄富田は急行ならば6分210円だから、わざわざJR四日市まで戻らないで、近鉄で移動する。
  • 三岐鉄道三岐線を往復する。
  • 近鉄富田駅からJR富田駅まで歩く。
  • 富田から桑名までJRで移動
  • 桑名から西桑名まで歩いて、三岐鉄道北勢線を往復。

という行程が出来ました。

時刻表に当てはめてみると?

  • 名古屋10:37発の快速みえ5号で四日市に移動します。到着11:08
  • 歩いて、四日市あすなろう鉄道を11:30発の電車で全ルート消化すると12:45くらいに戻ってくる。
  • 近鉄の12:52発の準急で四日市から近鉄富田に移動13:03着
  • 近鉄富田から三岐鉄道三岐線を往復、15:03着。
  • JR富田駅へ歩き、15:15発の列車で桑名に15:23着。
  • 西桑名駅へ歩き、15:35発の列車で三岐鉄道北勢線を往復、17:41着。
  • JR桑名駅を18:10発の名古屋行きで、名古屋に18:40着。

そういえば?と思い出す、徒歩の乗り換えマジック

地図を見ていたら、三岐鉄道三岐線の伊勢治田駅と、三岐鉄道北勢線の阿下喜駅が案外近いのを見て、かつてこのルート歩けたらなと思ったのを思い出しました。GoogleMapで調べてみると、1.7キロと出ました。
所要時間は往復で見ると、伊勢治田発が21分、阿下喜発が23分と出たので、伊勢治田発ならば上り坂では無いようです。
これを当てはめてみると・・・?

三岐線折り返しで伊勢治田に14:28着、北勢線阿下喜が15:01発なので、間に合いそうです。こうしてみると、富田駅の徒歩や関西線の移動が無くなり、西桑名駅に15:56着と1時間45分も早く戻れました。
三岐鉄道は一日乗車券を使う予定でしたが、これでも一日乗車券のほうが安いので、モトも取れるようです。


せっかくならばと、もう少し遊びを加えて

桑名から四日市に移動し、伊勢鉄道の列車で河原田へ行って、関西本線で名古屋へ戻れるか調べたところ、接続する列車が四日市止まりで伊勢鉄道経由津行きに接続、河原田で降りれば、関西本線の名古屋行きとも接続良く名古屋に17:58に戻れることが分かりました。

さらにおまけのサプライズが!

錦にあるライブハウス「名古屋ケントス」

さらに、たまたま名古屋の友人から、ライブハウスのお誘いがあり、それこそ運良く名古屋にいるからということで、このルートがまとまった直後だったので行くことを決定。2回ステージを楽しんでくれば、帰りの普通列車の乗継で浜松に23:25に戻れるので、寝坊した割には充実の1日になりそう!とわくわくしていざ、実行へと移しました。
ここから先は明日以降に書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました