5月24日。
夜に東京でライブがあるけど、JGC修行で1本くらい飛行機乗れそうだなと思いながら時刻表を眺めてみる。
浜松からだと、なるべく安価で行ける路線としては
伊丹→羽田、関空→羽田、小松→羽田、中部→羽田or成田があるけど、特割で安い価格が残っていたのは、伊丹、関空のどちらか。
どちらも結構利用しているから、アプローチを工夫できないか?と考えてみる。
何かいいローカル線は無いかなー? (。´・ω・)ん?
「和歌山線(和歌山~王寺)」か。四半世紀くらい乗ってないんじゃないかなー。これならば関西空港使えそうだな。確か15:15発の羽田行きが安かったはずだから。

でも、王寺までのアクセスどうするかな?
今度はGoogleMapで周辺を眺めてみる。
JR桜井線とか近鉄も幾つか路線あるなー。(。´・ω・)ん?
歩いて行けそう?→ここ
近鉄の八木西口駅とJRの畝傍駅が近いぞ。
しかも、八木西口駅って、確か大和八木駅と同一駅扱いとかいう変わった駅だったはず。それに、大和八木なら近鉄の特急が止まるよね? よし、ここにしよう!

和歌山から和歌山市まで出て、南海で泉佐野乗換で関西空港に行くのも面白そうだな。うまく行くか時刻表を調べてみる。
自分はYahoo乗換案内を使います。
普通に畝傍から関西空港と出すと、近鉄に戻って天王寺経由の最速ルートになりますので、和歌山線の途中駅を1つ(今回は粉河)と南海に乗るので、乗り継ぎ駅の和歌山市駅を経由駅に加えます。
経由駅を追加することによって出た結果がこちらです。
これならば関西空港に14時38分に着くので、15時15分発の飛行機には十分間に合います。

11時18分に畝傍発ならば、それまでに八木西口に着けば良さそうだから、近鉄の始発である名古屋から検索してみます。
近鉄特急も、事前予約サービスがあるので利用するつもりですが、出来れば大阪発のアーバンライナーのDXシートを使いたいので、それを優先(乗換少ない)してみたのがこちらです。
良い具合に八木西口から畝傍までの徒歩時間もわかりました。
どうせならば、名古屋までのアクセスも名鉄使ってみるかな。
確か5月18日からネットでミューチケットの予約が出来るようになったとか書いてあったし。
というわけで、早速登録をしてみて取ってみます。
さすがに朝の通勤時間帯は混むものだねー。7:24に豊橋を出る快速特急は満席になってるよ(^^;
結局7時36分発の特急を予約しました。展望席は後ろ向き固定で人気がないのか、意外に空いていました。
浜松から豊橋までは在来線利用で6時42分発でOKです。
これで、プランニングが完成しました。あとは実行のみです!

「関西空港までの変わったアプローチをひねり出す。」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です