秋の乗り放題パス予定⑤

ひとり旅
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月22日(木)

JRで発売している秋の乗り放題パスを使った移動プランについて、こんな感じで動いてみようかな?というものを載せていきます。

5日目 丸亀から伊予西条までの行程

土讃線をひたすら南下して窪川まで

普通列車のみという秋の乗り放題パスのルールがあるのですが、ここだけは土讃線の普通列車の少なさ、特に琴平~土佐山田間は更に阿波池田で分割されて接続が悪いためやむを得ず50キロ以内で特急を利用します。

出発駅名到着駅名出発時間到着時間備考
丸亀阿波池田06:2407:04土讃線
しまんと1号
阿波池田高知07:2009:32土讃線
高知窪川09:3511:51土讃線

地元バスを使い、沈下橋を歩いて超ローカル駅へ歩く

窪川では土佐くろしお鉄道に3~4駅乗って戻る予定を組んでいましたが、このあたりは四万十川が流れていて、それにかかる沈下橋を見るのもどうかな?と探してみたところ、窪川から予土線の土佐大正まで四万十交通のバスが出ていて、沿線上にある向弘瀬沈下橋を渡って、家地川駅まで30分ほど歩くといい具合に予土線に接続をするという神がかったルートが見つかりました。
この家地川駅経由のルートは1日2本しかバスがありませんし、予土線も1日5本しか直通しません。
家地川から予土線に乗車して宇和島へと向かいます。

出発駅到着駅出発時間到着時間備考
窪川駅弘瀬沈下橋12:3012:55四万十交通
バス
弘瀬沈下橋家地川駅徒歩25分
家地川宇和島13:3815:57予土線

謎の建物?凸凹神堂を見学してから伊予西条へ

宇和島で待ち時間が1時間半近くあるので、2000年に一度見て衝撃を受けた凸凹神堂へ行ってみようと思います。
正式には多賀神社ですがいわゆる性文化財を展示していて、凸凹神堂という名前のほうが通りが良いです。
もちろん未成年者は入ることが出来ません(笑)。私感では各地の秘宝館より刺激が強いかもしれませんね~。
戻ってからは予讃線で松山を経由して伊予西条まで向かいます。
伊予大洲から伊予市までは新線、旧線を選べますが、どちらを選んでも途中で1時間ほどの待ち時間が出来るなど効率は今ひとつといった感じです。

出発駅到着駅出発時間到着時間備考
宇和島駅凸凹神堂徒歩15分
宇和島八幡浜17:1718:14予讃線
八幡浜松山18:1920:23予讃線
松山伊予西条21:1723:20予讃線

宿泊地

西条アーバンホテル

2,990円でした。

メルマガ登録受付中!

今まで旅行なんて考えたことなかったけど、自分で組めるようになりたいなぁ。
GoToトラベルとか言ってるけど、実際なんなのかよくわかってない。
青春18きっぷって若い人しか使えないの?
そんな皆さんに役に立てる情報を送っていきます。
旅行のプランの立て方や、日本全国の見どころ、実際に行ってみての体験談などを織り交ぜていく予定、只今絶賛登録受付中です。

 

コメント

  1. […] 4日目はこちら 5日目の当初案はこちら […]

  2. […] かもちゃん2020年10月8日2020年10月8日 […]

タイトルとURLをコピーしました