こんにちは。ひとり旅アクティブ系ライターのDJRかもちゃんです。

今回は、今年の初めごろに日本での活動を開始すると噂の会員制旅行サイト、ワールドベンチャーズについて、つい12月まで会員だった自分が学んだ事を含めて書いてみます。

ワールドベンチャーズとは?

例えるならば、コストコのような年会費を取って、多くの会員の年会費をベースにして運用していく会員制の旅行クラブで、全世界に1000万人を超える会員がいます。
宿泊やツアーを取り扱うRoviaとDreamtripsを傘下に入れていて、毎年世界の旅行会社のコンクールにおいてこの2社は常に世界一になっています。
特にDreamtripsの組むプランはどこと比べても安く、会員からのプラン申し込み率が高いです。

入会金は

入会時に392ドル払います。

月の会費は

毎月125ドルで、内25ドルはビジネスプランの会費となります。

使えるポイントはどのくらい?

毎月100ドルの会費を払いますが、それは100ドル分のポイントとなりますので、1年間で1200ドル分のポイントになります。

そのポイントが使えるのは1年後

但し、それは一年経過して与えられるものなので、最初の1年はポイント利用というものは出来ません。
ビジネスプランで会員を特定の条件に基づいて集めてボーナスポイントを取得すればポイントは増えます。

但し1年以内に使い切らなければならない

与えられたポイントは1年以内に使わなければ、繰り越しがありませんので消えてしまいます。
つまり1200ポイント貯まるけど、使わなければその分だけは消えていきます。

使い切るには、相応の旅行プランの利用が必須

Dreamtripsの旅行では、使えるポイントが決まっているので、例えば400ドルの旅行に対して100ドル分とすれば残り300ドルは自分で払う事になります。
4人家族で行く分には、自分が会員であれば配偶者と子供2人は会員価格で連れていけますので、子供も同額と仮定して1600ドルの旅行の400ドルはポイントが使える事になりますが、それでも余りますね。

つまり、かなり旅行に出かけなければポイントはなくなる。
ポイントを使うとなれば、相応の旅費を新たにDreamtripに払うということになります。

自分が会員としてあと何人連れていける?

上で書いたように、家族ならば配偶者と子供2人です。
友人ならば、旅行によって1もしくは2名となります。

自分が4人紹介すると、月会費(ビジネス分除く)が無料

自分から4人新規会員を紹介すると、その人が会員であり続けるならば、月会費125ドルのうち、ビジネス分25ドルを除いた100ドルが免除されます。

実際にDreamtripを使って台湾に行った時の価格とかはこちら

ひとり旅の人には向いていません

まず、ツインベースの部屋がメインになるので、ひとり旅の人にはワールドベンチャーズは向いていません。

資金がない人には向いていません

ポイントが貯まって使えると言われますが、使えるのは一部だけ、しかも1年以内ということで、何度も旅行に行かなければポイントは消えてしまいます。
ゆえに資金がある人でなければ向いていません。
資金のある人が、いい旅行に安く行くという考えです。

自分で4人集めるのもそういう人を集めなければなりません

4人集めれば自分が払う会費は免除になりますので、毎月25ドルのみ払えばこの会員権を維持できることになります。もちろん1年たてば1200ドル分のポイントも会費を払うことなくもらう事が出来ます。
でも、ポイントを使うにはそれなりの旅費が必要ですから、資金力のある人を集める必要があるわけです。

このワールドベンチャーズのビジネスプランに入ると、沢山の人を紹介出来ればその分の紹介料が収益として入りますし、自分の下についた人が頑張って沢山紹介しても、そこから少しだけリベートが入るという仕組みもありますが、これが日本の市場でどれだけ受け入れられるか?でしょうね。

もし、やはり辞めたいとなった時は

自分が退会した時の方法を書いたリンクを貼っておきます。