「台北の近くのリゾートホテル泊まりに行ってみませんか?」
こんな感じで旅行クラブの人に誘われたので、行ってみる事にしました。
11月20日(水)~22日(金)の2泊3日。


ホテル宿泊内容の詳細

ウェスティン大渓リゾートのページ

泊ったのは、上記のウェスティンホテルで5つ星にもランクされています。

予約のメールで、誘ってきてくれた方がポイントが使えるからと105ドル分が割引になったので、2人で2泊で393ドルだから、1人当たりが196.5ドル、110円換算として21,615円、1泊当たりで10,807.5円です。

その中に含まれるのは・・・?

ビュッフェの朝食が2日目と3日目に付いています。
ビュッフェの夕食が1日目と2日目に付いています。
ウェルカムドリンクが付いています。
と書いてありますね。つまり・・・
2泊4食でこの値段というわけですかー!(驚)
どうりで、なかなか取れないわけですね。


飛行機はエアーアジアを利用

飛行機は、当初はチャイナエアラインを使おうとしたのですが、キャンペーンが速攻で売り切れてしまい、朝早く名古屋を出発、昼に台湾を出発というエアーアジアを使う事としました。こういう部分は出来るだけ抑えておこうという考えです。

フライトスケジュールと予約

この時点で14人分の飛行機を確保する必要があったので、プレッシャーでしたが、パソコンとスマホと両方を使い、スマホはエアアジアのアプリを入れ、会員登録を最初に行いました。

WEBチェックインとか考えると、パスポート登録しておいて正解だった。

これは個人的見解になりますが、サイト上に15人の友人を登録出来るので、ちょうど自分以外の13人を登録しておきました。WEBチェックインの際にはパスポート番号が必要になるので、登録画面を見ながら行う事で、手元にパスポートを用意することはなくなりラクに出来ました。コピペすれば番号の入力間違いはありませんしね。

予約は無事に完了、決済も済ませる。

一度に9人までしか予約が出来ないので、2回に分けて行います。
支払いは全部自分のクレジットカードで引き落とします。自分以外の人だけでも予約出来ましたので、5人と9人に分けました。
写真は9人予約をして、帰ってきた結果です。
上のsubtotalまでと下にある支払い手数料が、最低料金(機内預け荷物合計7kg以内のみ)になります。
(206,820+10,800)÷9=24,180円と一人当たりの往復運賃が出ました。
最初の5人の時はもう1,000円安かったのですが、上がってしまいました。

追加オプション料金

念のために座席を固めようと一番後ろの座席を確保したので、片道で1人当たり450円の追加。
LCCは荷物重量の検査が厳しいので、受託荷物20キロまでを事前に追加すると片道で2,550円、これは出発の4時間前までスマホでも出来るので、帰りだけ荷物が増えて預けたいという時も対応出来ました。
残念ながらオーバーしてしまった時は15キロ以内で4,000円をカウンターで支払うことになります。


この後に2人の追加申し込みが出まして・・・

数日後に人数が増えたとの連絡を受けて、急遽予約をしました。
幸いにも同じ値段で取ることが出来て良かったです。


出発前日!

セントレア・新しい第二ターミナルは遠いという噂通り

自分は翌朝早いフライトということもあり、東横イン2を予約して前泊です。
せっかくなので、明日の待ち合わせ場所まで行ってみる事にしました。
名鉄の中部国際空港駅の改札を出ると、今までは右の第一ターミナルへ行けば良かったのですが、左の第二ターミナルのほうへ歩きます。

一旦外に出て第二ターミナルへ向かえと

ターミナル2は右という看板通りに進むには、一旦外へ出る必要があります。
駐車場へ向かう人たちと一緒に外へ出て右に進みます。

出た!長い通路!

動く歩道をフル活用して歩いていきます。GからAまでということは、相当歩きそうだなー。横は風が入ってくるので冬は寒そうだし、横殴りの雨だと濡れるだろうな。。。

6分ほど歩いて分岐点

LCC使う人は駐車場使う際もこちら側を選ばないと悲劇でしょうねー!
ここまで6分ほど歩いて右に曲がります。

787のあるフライトパークに到着

ここはまだボーイング787初号機のあるテーマパーク(左に進むとあります)なので、まだ真っすぐに歩きます!

ローソンは24時間営業

早朝にくる時には開いているのがこのローソンのみになります。ジュースやパン、サンドイッチ、おにぎりは揃っているので、朝食の調達に使えます。でもここがゴールではありません!

まだ長い通路が!!!

吹きっさらしの風が容赦なく襲います!
それほど長くはないけど、ホッとしたあとなので、かなり心が折れますがもうひと踏ん張り歩いていきます。

こ、この角を曲がれば・・・

ようやく見えた、第二ターミナルの入口。。。

右側が国際線の受付カウンターでした。

自動チェックイン機とカウンターの位置を確かめます。
ここまで名鉄駅から頑張って歩いて10分かかりました。
帰りの道は北風(向かい風)で余計に心が折れかかります。
東横インホテル2までだと17分くらいかかったので、十分すぎる運動になりました~!

ボーイング787のところはフードコートも充実していました。
帰りにゆっくりしていくのも良いかもしれませんね。

「台湾旅行・ウェスティン大渓に泊まりエアーアジアで往復」に2件のコメントがあります

  1. 第二ターミナル確かに心が折れそうになりましたね(笑)
    LCCを利用することがある時は準備をしっかりして早めに出ないと危険です!

  2. とても楽しい旅行でした。
    第二ターミナルのうわさは聞いていたのですが早朝の寒い時間は心が折れそうになります。
    出国手続きをしてもさらに歩くのでLCCの扱いはやはり厳しいんだなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です