SLぐんま×鬼滅の刃 乗車してきました~無限列車大作戦~

旅行記
スポンサーリンク

12月26日(土)にSLぐんま×鬼滅の刃コラボ列車に乗ってきました。
さすが映画興行記録1位に輝いた作品ということで人気も高かったです。
碓氷峠鉄道文化むらに寄る時間は無かったので、上り列車に絞って書いていきます。

キャンセル狙いで取れた指定券

10月から12月までの間期間限定で運行されている SLぐんま×鬼滅の刃のコラボ列車(無限列車)ですが、6両編成の全車指定席ということで1回あたりの乗車定員は約350名ほどとなっています。
指定券のほとんどはこれに合わせたツアー会社に占有されているので一般発売の分は発売と同時に売り切れてしまいました。
1ヶ月前の午前10時に押されたボタンで運命が決まるほどのものと思われます。

キャンセル待ちが出るのに期待をしながら毎日指定券の発売状況を見てみますけども一向に出る気配がありません。 

しかし2週間前ぐらいに偶然にも空席が出たので、勢いにまかせてその列車を押さえました。こういうタイミングは逃すと取り返しがつかないことはよく承知しています。

天気が悪かったら手放そうかなとも思っていましたが、幸いにも当日はいい天気とのこと。新型コロナウイルスによる go to travel キャンペーンの東京都内先行一時停止はあったものの、それに伴うキャンセルや運行中止といったこともないのでそのまま乗車してきました。

発車ホームは指定券持ちの人のみ

他の路線を青春18きっぷで回ってきたこともあって、始発駅の横川駅に着いたのは発車18分前の13時57分でした。すぐに横川駅の汽車の写真を撮って、すぐ横の所ではスタンプに長蛇の列が出来ていました。ここにある駅弁のおぎのやさんでは特製のコラボ駅弁の峠の釜飯との引き換えが行われていました 。

横川駅のホームは二つあってこの列車は奥側の3番線から出発しますが、跨線橋は閉鎖され、連絡通路の途中で駅員さんが指定席券を確認して通ることができるようになっています。

こうすることで指定券を持たない撮り鉄を排除することができるのである程度落ち着いて写真を撮ることができました。

車内の様子(車両)

上り列車は先頭が電気機関車、一番後ろに蒸気機関車のD51がいます。どちらにも鬼滅の刃専用のヘッドマークが取り付けられており、主に親子連れが盛んに写真を撮っていました。

連結されている車両は旧型客車と呼ばれるもので、ニス塗りの木製の床で、白熱灯ライトが使われています。ドアは手で開けるようになっています。ロックは自動でかかるようです。
座席はすべて向かい合わせのボックスシート、網棚は実際に糸を編んだ昔ながらの網棚になっています。 

車内の様子(装飾等)

窓枠はしゃれた感じ

窓の庇は SL 専用の彩り鮮やかな模様が描かれたものを使っています。その下側のところには鬼滅の刃に出てくるメインのキャラクターをあしらったシールが貼られています。
発車時間まで時間があり、まだ人が多く乗り込んでくる前に急いで写真を撮りました。

車内ではグッズ類販売は無し

SLグッズのみ。コラボな配布物や乗車記念証も無し。

列車内ではコラボグッズは特に扱ってなく、SLのグッズが売られています。飲み物類は瓶のコーラやオレンジジュースが売られており、窓側のところにある栓抜きを使って開ける仕組みになっていました。年配の方は利用された経験があるかと思いますが今の子供達にとっては初めてのことなので面白がって試しているようでした。 

販売するところ(先頭のラウンジかー)には、禰豆子のプレートが置かれており、中にはコスプレをして写真を撮っている人もいました。

鉄ヲタ男3人の中には入れない…

指定席で割り振られた座席のところには、いかにも鉄オタな男三人が座っており、ただでさえ狭い車内ですので、密な空気が漂います。
しかも車内は暖房がめちゃくちゃ効いていて上着を2枚脱いでちょうどいいくらいでした。 頭のネジが緩んでる人が多少いるので、大きい声が飛び交っていますし、空調設備などというものはなくただ扇風機が回っているだけなので換気はすき間風頼みといったところです。

道中の様子

電車では35分で走破する区間を1時間少々をかけて走りますので、基本的にはのんびり走る感じです。途中の停車駅は磯部と安中のみで、磯部ではわずかな停車時間、安中では10分近い停車時間がありました。
停車駅の駅名標の所にはキャラクターのシールが貼られており、車内においては、チャイムが鳴った後、機関助士として乗務している竈門炭治郎が何度か列車の案内などをしてくれます。

スピーカーのところにはそれを録音しようと機材を構えて目を血走らせている録音鉄の人がいました。 間違ってもその近くで紙袋をガサガサするのはやめたほうがいいでしょう。命の保証はありません。 

高崎駅のホーム待合室の所にもキャラクターが描かれたところがありますし、駅の中に何箇所かあるNewdaysではそれぞれ異なるグッズ販売を行っていました。 

列車は12月28日までで終了

列車はこの原稿を書いている本日12月28日までの運行予定となっています。
来年以降再びコラボがあるかどうかはわかりませんが、確実を期するのであれば旅行会社が販売しているツアーに乗ることを推奨します。ただしかなり盛られた金額になりますので、その点は承知しておいてください。

コメント

  1. […] 鬼滅の刃とコラボしたSLぐんま号はこんな感じだったよ! […]

タイトルとURLをコピーしました