Streamyardで対談に参加したい時の手順

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZOOMよりも番組っぽい感じで対談可能

ソフトのダウンロードが不要!

招待者側の立場からも操作は簡単

招待者からは、あらかじめどこかのサイトで対談相手を募集しますので、LINEやメール、もしくはFacebookでコメントをください!という感じでアナウンスされると思います。
それを見て招待者はスタジオへの招待メールを送ります。

招待メールが来てからの手順

メールのタイトルは英語です。タイトル名を覚えておいて!

メールのリンク先(Streamyardへの招待コード)をクリックします。

ソフトのダウンロード必要なし!ブラウザで動きます

入室時の名前をセット

カメラやマイクの調整をして、待機所に向かいます。

もし顔出しをしたくないのであれば、VIDEOのボタンを押すとアイコンに変わりますので、それで入室することもできます。

スタジオに入って配信や録画の流れ

招待者は待機所に人が入ったことを確認してスタジオに招きます

スタジオへの入室待ちというところ

スタジオに入って打ち合わせといった感じで

本番中です!!

録画後のスタジオにいる感じです。

これで終わりになります。

まとめ

対談相手として出ることでの宣伝効果

もちろん名前の知られている人に取り上げられれば、自分の名前も知ってもらえる機会が増えますし、対談中にPRタイムをもらえれば言うことないですね!
対談することで自分のトーク能力も分かりますし、Skypeとかでしゃべったりも良いですが、パソコンで自分の見ているページを共有しながらの会話というのも楽しめます。

私のFacebook

タイトルとURLをコピーしました