有名観光地は疲れる

自分の人生
スポンサーリンク

こんにちは。DJRかもちゃんです。この3連休、お出かけした方も多かったと思います。私もお出かけしてきましたが、どこに行くにも混んでいました。特に思うのが、観光地に来るとものすごく混んでいて、そうでないところはガラガラと2極化が進んでいることです。

二極化はネット検索の影響

どこに行こうか考える時に、行先の名前を入れて検索しますから、上位人気のところに間違いなく人が集中してきます。
検索ワードを伸ばそうと必死ですし、旅行産業の市場は途方もなく大きく、海外旅行に至っては地球規模で年間18億人に達するとの見通しもありますから、人気のところには国内だけではなく、中国などのアジアからの人も押し寄せてきます。

写真撮影が出来ない場所は意外に空いている

手軽に携帯で撮影してUP出来るなんていうのは当たり前。
特に目立つ写真が撮れるところは大人気です。
逆を言えば、撮影の出来ないところはそれが一切できなくなるので、行く人はガクッと減ります。
そういうところを調べてみれば、落ち着いた旅行になる確率は上がります。

食べ物が美味しいところは避ける

食べ物が美味しいところに人が集まるのは、行ったことでのネームバリューをもらうのが目的なので、実際味は良く分かってないはずです。
もちろん、おっ!と思う事もありますけど、そこまで自分の味覚は完成していませんので、並んでまで入りたいというのは余程の事がなければしません。
すぐ近くの空いてるお店を狙うのも手でしょうし、有名でなくても、その時の旬のものを狙う(お店の人が出ていれば、遠慮なくおススメを聞いてみて判断)のが良いです。

予約の利くところはお金を払ってでも利用して、時間をお金で買うのが良い。ただし・・・

ネットサイトでの予約が出来るところも多いので、これは使ってみる価値があります。
予約時間に合わせて訪問すれば、待つことなく入れるわけですから、ありがたいことです。
しかし、お店によっては、サイト上に出していてもチェックが追いついていなくて予約が入っていないなんてこともありえます。(私は5回のうち3回予約なんて知りませんよと言われた)
予約するならば、直接のお店のページを使うか、電話が確実だったりします。
電話も混んでる時間帯を外してするのがマナーですね!

他にも、花火大会などの有料桟敷席は使い道があります。
・いい場所で座って見られる
・場合によっては、駐車券付きなんてことがあれば、入庫待ちがなくなります。

こういったメリットを生かしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました