--目次--

阿部静華さんの17LIVE企画であがったところをツアー化したら?

リスナーさん同士でおススメを発表!→組んでみる

5月6日の17LIVE配信の企画

応援しているシンガーソングライター阿部静華さんのFacebookにこんな企画が上がっていました。

彼女のホームページはこちら!

ということで、それじゃ配信見ながら、実際にそれをかなえるべく旅行プランを組んだらどんな風になるかを組んでみますよ~とコメントをしておきました。
配信の中で、アナウンスもされたので皆さんのおススメポイントをじっくりと見させていただきました。
この中で上がってきたものは以下の通りです。

グルメ編

  1. ようこsaitamaさんの”埼玉県川口市の焼鳥 日鶏園”
  2. ヒロchan1963さんの”北海道釧路市の泉屋本店 スパカツ”
  3. はしやん_aichiさんの愛知県名古屋市のモーニングから、”愛西市のAratama”
  4. こばchan0226さんの”岐阜県岐南町の株式会社ハル屋 カニチップ”
  5. さるmonkey55さんの”秋田県にかほ市の土田牧場”
  6. まこさんの”宮城県仙台市の北京餃子”
  7. さや姉_stさんの”秋田県仙北市角館の八田菓子舗のおばこ餅”
  8. yatumeさんの”愛知県岡崎市の丸石醸造の長誉まんじゅう”

おススメスポット編

  1. ようこsaitamaさんの”北海道鹿追町の然別湖コタン”
  2. kamochan_浜松さんの”浜松市天竜区の月”(私です ^^;)
  3. はしやん_aichiさんの”愛媛県新居浜市の別子銅山東平地区”
  4. さや姉_stさんの”秋田県北秋田市の小又峡三階滝”
  5. akaneko_nordさんの”埼玉県さいたま市のおふろcafe utatane”
  6. 和行7360さんの”静岡県清水区の三保の松原・羽衣の松”
  7. ヒロchan1963さんの”北海道釧路市の山花温泉リフレ”

では、実際に行ってみましょう!

1日目(土曜日)

①新丸子を出発~清水~三保

新丸子から湘南新宿ラインのある武蔵小杉駅までは徒歩か東急東横線で移動してもらって、青春18きっぷを持っているような前提で動いていきます。

  • 武蔵小杉(湘南新宿ライン)戸塚(東海道本線)熱海(東海道本線)沼津(東海道本線)清水9:26
  • 清水駅からバスに乗り換えます。
    清水9:45(しずてつジャストライン)白浜町10:08~徒歩15分

②和行7360さんのおススメスポット”三保の松原”

実は富士山と同じ世界遺産グループに属していて、日本で一番早く1922年に国の文化財として指定を受けた場所でもあり、新日本三景の一つとか、日本三大松原というように名の知られた場所であります。

三保の松原のホームページ

③清水→掛川→天竜二俣~(ツアーカー)

  • 白浜町10:59(しずてつジャストライン)清水11:22
  • 清水11:30(東海道本線)掛川12:28
  • 掛川12:59(天竜浜名湖鉄道)天竜二俣13:48

④kamochan_浜松(私です ^^;)おススメスポット”月3km”と”月のバス停”

月に一番近い場所として有名なところです。
なお、バス停は平日の朝一本西鹿島方面行だけが停まり、他は自主運行のデマンドバスを利用するだけとなっています。
ここの往復を1時間くらいとします。

⑤ツアーカーで西鹿島駅~新浜松駅(路上ライブ)~名古屋

西鹿島15:00(遠州鉄道)新浜松15:32


時間的には、浜松餃子とか、さわやかのハンバーグを食べながら、浜松駅あたりで路上ライブをしていくかな?という感じです。

浜松21:19(東海道本線区間快速)名古屋22:58

2日目(日曜日)

①名古屋~佐屋

名古屋7:05(関西線)弥富(名鉄津島線)佐屋7:35

②はしやん_aichiさんおススメのグルメ”名古屋のモーニング・愛西市aratama”


このあとが名鉄に乗るので、配信の時に書いていた愛西市のaratamaというお店にしてみました。
お店のホームページはこちら!

③佐屋→東岡崎

④yatumeさんおススメのグルメ”丸石醸造さんの酒まんじゅう”

実際は東岡崎駅からバスが出ていて、徳王神社バス停で降りてすぐだそうです。
こちらでは、2,4,7,8,11月を除いた第二土日に丸石の日という催しを行っていまして、その時限定で酒蒸しまんじゅうが販売されるとのこと。
また、2,4,7,11月は別の日に長誉まつりというものが行われて、記念のお酒の販売などもあるようです。

丸石醸造さんのホームページ

⑤東岡崎→美濃松山

徳王神社バス停(名鉄バス)東岡崎11:36(名鉄)名鉄名古屋(近鉄)桑名(養老鉄道)美濃松山13:03

こばchan0226さんおススメのグルメ”カニチップ”を食べながらDas・ziel – カフェ ダス・ツィールへ(ミニコンサート?)

カニチップは東海地方のスーパーマーケットで購入することが出来ます。
これを作っている株式会社ハル屋さんは、チーズあられの復活にも貢献しておられます。
せっかくなので、配信で話題の出た、海津町のお店に立ち寄ります。
時間があれば、ミニライブか、単に食事だけになるか?
お店との往復はツアーカーを使います。

 

カフェダス・ツィールのページはこちら!

⑦美濃松山駅→大阪南港

美濃松山16:24(養老鉄道)大垣(東海道本線)米原(東海道本線)大阪(徒歩)西梅田(地下鉄)住之江公園(地下鉄)フェリーターミナル20:31

本来は、同じオレンジフェリーでも神戸港から出る新居浜東港行きのほうがより遅くまで行動出来るのですが、丸石醸造さんが土日限定に対し、そのフェリーは土日休みになるので結びつかないので、大阪発になります。

⑧大阪南港(22:00)~東予港(6:00)(オレンジフェリー)


フェリーについては20時より乗船可能です。
この船はいわゆる2等船室がなく、全て個室シングルルームになっています。
もちろん大浴場もあります。

オレンジフェリーのホームページはこちら!

3日目(月曜日)

①東予港→今治駅→新居浜

オレンジフェリーは到着後無料の連絡バスを出してくれますので、これに乗って今治駅まで向かいます。バスの乗車整理券は大阪南港や船内で配布しているみたいです。朝食や近くの今治城を眺めるくらいの時間がとれそうです。

東予港を6:20に出て、今治駅前に7:03着、8:08発のJR予讃線に乗り新居浜に8:58着。

新居浜に早く着きたいならば、無料バスで新居浜駅行きに乗れば7:28に着きますので、2時間ほど自由時間になります。

②新居浜(せとうちバス)マイントピア別子

新居浜駅からのバスは9:35発でマイントピア別子には9:55着です。このバスは平日のみになるので、土曜や休日にずらすとなるとツアーカーの出番になりそうです。

③はしやん_aichiさんおススメの観光スポット”東洋のマチュピチュ 別子銅山跡 東平ツアー”

銅山の跡地で、鉱山電車も走っていたり、砂金取りといったイベントもあるのですが、ここは専用のツアー”東平ツアー”に乗るのがおススメとのこと。
11時と13時の2時間ツアーがあり、これには語り部の方も同乗されて、当時の様子等を教えてくださるようです。

ホームページはこちら!

④マイントピア別子→新居浜→松山→松山空港

マイントピア別子14:05(せとうちバス)新居浜(JR予讃線)松山(空港バス)松山空港18:09

新居浜駅行きのバスもJR四国の普通列車も意外と少ないので、中でもう少しじっくり見ていくならばツアーカーかな?
列車は今治を大回りしますが、高速道路に乗れば一直線なのですんなり空港まで行けてしまいます。
空港の中にはレストランもあるので、ここでゆっくりします。

⑤松山空港20:20→成田空港21:55(Jetstar)→新丸子


ジェットスターのページを見てみると、平日ですと概ね5,000円から、休日でも8,000円くらいで、荷物を10kg増やすと+2,500円のオプションになりますね。
2時間前から30分前までが受付時間になるのでここは要注意。


成田空港からの最終電車となると、
空港第2ビル23:00(京成スカイアクセス線)三田(メトロ)白銀高輪(メトロ・東急)新丸子0:47 まであります。

4日目(火曜日)

①新丸子→武蔵小杉(湘南新宿ライン)大宮(ニューシャトル)鉄道博物館

この日は、ゆるゆるっとした一日になります。
新丸子からは、武蔵小杉へ出て湘南新宿ラインに乗れば乗り換えなしで大宮に着いて、そこから上越新幹線の高架に沿って走るニューシャトルで1駅の鉄道博物館へと向かいます。

だいたい新丸子から1時間40分くらい見ればよいでしょう。

②akaneko_nordさんおススメのスポット”おふろcafe utatane”

系列店が全国に7ヶ所ほどありますので、似たような名前で知っている人もいるかもしれません。
宿泊も出来るリラクゼーションスペースといった感じでハンモックに揺られながら頭を休めたり、時間があるならば近くの鉄道博物館をセットにしてみるのもおススメです。

 

ホームページはこちら!

③鉄道博物館駅→川口


再びニューシャトルで大宮駅に戻り、京浜東北線に乗って川口駅に向かいます。
川口駅からはバスに乗って弥平新田というバス停で降りて徒歩3分ほどに目的地があります。

④ようこsaitamaさんおススメのグルメ”焼鳥日鶏園”

営業時間:17時~23時
定休日:日曜日と水曜日
地元の方もよく通うお店のようで、滋養鶏を使った焼き鳥が特徴です。
近くの鳩ヶ谷にも同名のお店があります。

 

⑤舎人公園→日暮里→渋谷~夜行バス

帰りはちょっと趣を変えて、日暮里舎人ライナーに乗るようにしてみます。
実はこの路線は、都営まるごときっぷ(700円)を購入すると、都営地下鉄、都バス、都電荒川線も含めて1日乗り放題になったりしますので、いろいろと乗りトクがあります。

日鶏園→弥平新田20:39(バス)舎人公園(日暮里舎人ライナー)西日暮里(山手線)渋谷21:52

渋谷からは夜行バスで山形県の酒田市へと向かいます。
乗る場所は、渋谷・池袋・大宮とありますし、別の便では新宿始発で少し酒田に着くのが早いものもあるので、選択肢はいろいろです。
2ヶ月前からの予約で、3列シートになっています。

酒田方面の夕陽号はこちら!

5日目(水曜日)

①酒田→仁賀保→仁賀保高原


渋谷発の夜行バスに乗ったと仮定して、酒田庄内交通バスターミナルに7:05到着です。JR酒田駅までは徒歩5分ほど。バスターミナル近くのコンビニで朝食を購入となりそうです。

酒田を7:55に出る普通列車で秋田県に入り仁賀保まで向かいます。8:47着
ここからは足がなくなるのでツアーカーの出番です。

②さるmonkey55さんおススメグルメ”土田牧場の直売品”

おススメのグルメということで、仁賀保高原にある土田牧場へと向かいます。
ここはジャージー牛乳「幸せのミルク」を使ったものが沢山あります。
また乳しぼり体験や、レストランでジンギスカンを楽しんだりすることも出来るので、家族連れでも楽しめそうです。

営業時間:9時から17時(冬は短縮営業)

土田牧場のホームページはこちら!

③仁賀保高原→鳥海山木のおもちゃ美術館→ロッヂヨーデル

ツアーカーで矢島駅まで40分くらい。

由利高原鉄道の矢島駅は、以前阿部静華さんや浅羽由紀さんからの呼びかけもありました、鳥海山木のおもちゃ美術館のクラウドファンディングをした方のこけし駅舎のあるところです。
矢島13:50発で最寄り駅の鮎川に14:19着。美術館までは列車の時間に合わせて無料の送迎バスが出ていますので、見学をしてから鮎川駅に戻ります。

鳥海山木のおもちゃ美術館のホームページはこちら!


鮎川16:14(由利高原鉄道)羽後本荘(羽越本線)秋田(奥羽本線)横手19:12

名物の横手やきそばをへのかっぱさんでいただくでしょうね。

  

6日目(木曜日)

①横手→田沢湖スキー場

毎日早起きばかりさせていますが、奥羽本線も田沢湖線も本数が少ないのでこうなります。

横手6:20(奥羽本線)大曲(田沢湖線)田沢湖(羽後交通バス)田沢湖スキー場前8:12

②さや姉_stさんおススメのスポット”小又峡 三階滝”

さや姉_stさんのロッヂヨーデルにて荷物類を下ろして、ここからはツアーカー利用になります。

ロッヂヨーデルのホームページはこちら!

こちらは6月から10月までの期間限定コースです。
ここから90キロほどのドライブをして太平湖の遊覧船乗り場まで向かいます。
10:30の遊覧船に間に合わせ、湖を周遊するので30分ほどで到着。ここから三階滝まで片道2キロほどを45分ほどを歩いていきます。
遊歩道が完備されているようですが、沢を歩く方もいらっしゃるようです。

参考になりそうなページはこちら!

眺めを堪能してから14:00発の遊覧船で戻り、こちらは直行なので15分ですが、駐車場までは登り坂が待っています。
そこから角館まで2時間少々のドライブです。多分この時点で爆睡かと。

③さや姉_stさんのおすすめグルメ”八田菓子舗のおばこ餅”

角館駅から徒歩10分ほどにある八田菓子舗さん。おばこ餅という名前のものは幾つかあるようですが、こちらのが本家のようです。
5個入りで320円。クルミを入れた醤油味のゆべしですね。
角館は武家屋敷としても有名な場所ですので、少し散策してみるのも良いかもしれません。
さすがに散策で疲れているでしょうから、この日はお情けでロッヂヨーデルまでそのままツアーカーでの移動とします。
多分18時までには戻れるのではないかと思います。

八田菓子舗さんのホームページはこちら!

7日目(金曜日)

①ロッヂヨーデル→田沢湖スキー場→田沢湖→あおば通

昨日甘やかしましたので情けは無用ということで、バスで田沢湖駅へ、そこから列車乗り継ぎをして仙台へと向かいます。

ただ、田沢湖線は普通列車のみですと、盛岡方面は7:41の次が15:53までありませんので、一旦9:32発の列車で大曲方面に戻って、奥羽本線経由となります。
早いルートは、新庄まで出て、陸羽東線経由で小牛田から東北本線を回ると仙台に16:30着です。

田沢湖9:32(田沢湖線)大曲10:20,11:15(奥羽本線)新庄12:56
新庄13:01(陸羽東線)鳴子温泉14:04,14:11(陸羽東線)小牛田15:11,15:42(東北本線)仙台に16:30,16:34(仙石線)あおば通16:36着です。

②まこさんおススメのグルメ”北京餃子”

阿部静華さんのガーディアンをされている、まこさんからのおススメはライブ前にも食べているという北京餃子さん。
安い・早い・美味い・大きいの4拍子が揃っていて、基本が大盛になるので8分の5盛というものもあります。
定番の餃子定食は15個入りでスープとご飯つき、ニンニク抜きもOK。日替わりランチは500~600円で丼+ラーメンの組み合わせになります。

夜行バスの出発まで路上ライブも出来るかもしれませんね。

③仙台→新宿

さくら交通の夜行バスを使って、新宿へと向かいます。
北海道方面を安く行くことを考えると、仙台からPEACHを使って新千歳空港に向かい、高速バスで帯広駅を経由しながら然別湖へと向かうのが良いのですが、然別湖で中途半端に一泊せざるを得なくなるので、やむを得ず新宿へと向かうことになります。
仙台23:30~24:00→新宿バスターミナル4:55~5:30
4列の他、3列シートなど多数の種類があります。

さくら交通のホームページはこちら!

8日目(土曜日)

①新宿→羽田空港→帯広空港→帯広駅

新宿バスターミナルを5:40に出る羽田空港行きの高速バスに乗ります。
これは予約が出来るので、そのほうが確実のようですね。6:05に第二ターミナルに着くので、全日空・Airdoのカウンターへ向かいます。

Airdo 6:55発の帯広行きについては、75日前であれば10,890円から予約出来ます。日数によって55,45,28,21日と徐々に値段が上がります。

  
帯広空港に8:25に到着します。帯広空港を8:40に出る帯広駅行きバスに乗り、帯広駅に9:20に着きます。

AirDoのホームページはこちら!

なお、JAL7:50発で検索しても10,990円から予約出来ます。こちらは帯広空港に9:20に到着します。
バスタを6:00に出るバスあたりまでならば、概ね所要時間が45分くらいかかるようなので、この便に間に合うと思われます。

場合によっては新宿から山手線で品川に向かい、京浜急行線で羽田空港駅に向かう手もあります。こちらは帯広空港を9:35に出て帯広駅に10:15に着きます。

どちらにしても帯広駅を11:00に出るバスで然別湖に12:40に着きます。

②ようこsaitamaさんおススメのスポット”然別湖コタン”

冬季は一番早く道内で凍り、一番最後まで残るといわれる湖が全面氷結します。
その氷上に作られる氷の町、然別湖コタン。

ここには氷で出来たバーが建ち、氷で作ったグラスで酒を飲んだりも出来ますし、ミニスペースではライブも行われ、阿部静華さんももちろん演奏されたことがあります。

③然別湖→十勝川温泉

然別湖を出るバスは1日3本(平日は18:25発もある)しかないので、16:50発のバスで帯広へと戻ります。途中の木野農協前で十勝川温泉方面のバスに乗り換えて十勝川温泉に18:40に到着します。場所については、よくライブを行う観月苑さんを想定しています。
バタバタしながらライブが出来るのやらどうなるやら?

 

9日目(日曜日)

①十勝川温泉→帯広駅

十勝川温泉から9:41発のバスに乗って帯広駅へと移動します。10:14に着いて普通列車の釧路行きに乗り換えます。

帯広10:28→釧路13:14

②ヒロchan1963さんおススメのグルメ”泉屋のスパカツ”

釧路のソウルフード”スパカツ”中でも元祖と言われます。
「スパゲティミートソースカツのせ」が出来て今年はちょうど60年にあたるそうですね。


幣舞橋やフィッシャーマンズワーフといったところが徒歩圏内にありますので、観光メインに来られる方はこういったところを含めてみていくと良いでしょうね。

もし時間が無い時には、釧路の1つ手前にある新富士駅(新幹線にも新富士駅がありますが、それとは別物です。もともと東海道本線に富士駅があったので、新富士駅となり、のちに新幹線の新富士駅が同名で作ったという不思議。しかもどちらの駅でも製紙工場が盛んという共通項があります。)から車を使って泉屋鳥取店に行くという手もあります。

③泉屋本店→山花温泉リフレ

日曜日は18時過ぎの山花温泉リフレ経由をするバスがありませんので、ツアーカーを許可します。
概ね15:30くらいには到着できるかと思います。観光していっても夜のステージに間に合いそうですね。

④ヒロchan1963さんおススメのスポット”山花温泉リフレ”

何を隠そう、阿部静華さんは、ここの宣伝大使をされています。
というわけで、17LIVEでもオオトリに紹介された場所をゴール地点にしました。

宣伝大使任命のブログはこちら!

山花温泉リフレのホームページはこちら!

というわけで、ここで〆のロビーコンサートを開催して、急ぐ方は釧路空港へと向かえば最終20:10発の飛行機で羽田へと戻ることが出来ます。

というわけで、実はここは宿泊も出来ます!

コンサートのあとは、旅の疲れを温泉で落として、どんな宴会が待っているやら?!

若女将しずかが待ってるよ~!