直島・尾道、出来れば広島入れて4,5日間

という形で作ってみました。
直島については月曜日がほぼ閉館、豊島や犬島が火曜日閉館となるので、金曜日出発で火曜日着の5日間コースにしてみました。


1日目

羽田空港から高松空港を経て直島(宮浦港)へ

この時期は羽田~高松の早朝便が安くなっています。
JAL475便 7:40発 8:55着 7,590円
ANA531便 7:35発 8:50着 7,590円

空港に着いてから連絡バスに乗車して高松築港バス停で下車し、港へと向かいます。
空港9:15発 高松築港9:50着 730円
バス停から港までは徒歩で7分ほど

高松港から直島の宮村港までフェリーで移動します。
10:14発 11:04着 520円

フェリーの時刻等の情報はこちら!(四国汽船のページ)

レンタサイクルで宮浦・本村・ベネッセを回る

港近くのレンタサイクルで自転車を借りて島めぐりを楽しみます。
勾配がきついので、電動アシスト付き自転車のほうが良さそうです。

宮浦港のおすすめのレンタサイクル店

直島に宿泊して”直島の湯”を楽しむ

直島は家プロジェクトをはじめ、美術館も複数あるので時計回りに回ってみると良いと思われます。

直島の観光サイトはこちら!

宿泊については、民宿竹の家がおススメかと思います。(楽天トラベルでも予約可能)


2日目

この日は二つの方法が考えられます。

①引き続き直島に滞在

引き続き直島を回る方法。レンタサイクルは電動アシスト自転車ですと2日間借りて2,500円となっています。

②朝から豊島美術館と犬島美術館

もう1つは、朝9時の宮浦港初のフェリーで豊島に行く方法です。
豊島の美術館を見てから、12:35発の犬島行きフェリーで犬島に向かい、犬島美術館を見て15:47発のフェリーで直島に戻ります(宮浦港16:39着)
ルート的にはこの1本(豊島と犬島の立ち寄り順は変えても可)です。

直島から岡山県宇野港経由で岡山へ

直島からは宇野港行きのフェリーに乗ります。
宮浦港17:35→宇野港17:55

宇野から岡山までJRで移動します。
宇野18:07→岡山19:00

東横イン岡山駅西口右が朝食付ツインで4,500円/人と出ていました。


3日目

岡山から福山・鞆の浦へ

岡山から福山までJRで移動し、福山駅から鞆鉄道バスに乗車して、ポニョで有名になった鞆の浦に行きます。
岡山8:25(山陽本線)福山9:22 9:30(バス)鞆港10:02

鞆の浦から福山経由で尾道へ

周辺を散策してから戻ります。バスは概ね30分間隔に出ています。

鞆港11:28(バス)福山12:00 12:12(山陽本線)尾道12:31

尾道を散策・あなごのねどこに宿泊

尾道に来たからには千光寺山ロープウェイは欠かせません。

尾道フリーパスを活用して、坂道の多い尾道を歩いてみましょう!

参考になりそうなページはこちら!

お泊りは、リクエストのありました、あなごのねどこさんです。

ホームページはこちら!


4日目

尾道からうさぎの島へ

この日は、尾道から三原より瀬戸内海を回りながら、うさぎの島(大久野島)や竹原を回って広島へ向かいます。時間の調整をすれば呉の大和ミュージアム等も見ていけます。

尾道9:27(山陽本線)三原9:39 9:47(呉線)忠海10:09・・・
忠海港10:25(船)大久野島港10:40

島はレンタサイクルで回ると良いです。あちこちにウサギがいますので、エサをあげたりしながらかつては毒ガス製造の島でもあった歴史をたどるのも良いでしょう!

フェリーと島の案内はこちら!

秋の小京都 竹原へ

大久野島港12:45(船)忠海港13:00 忠海13:34(呉線)竹原13:46

散策ルートがあるので、チョイスしながら歩くと良いでしょう!
道の駅たけはらからは竹原駅まで徒歩10分です。

竹原から広島へ

竹原15:53(呉線)広16:47  17:02(呉線)広島18:03
呉には17:11に着きますので、急いで大和ミュージアムを回れなくもないです。
本来ですと尾道から三原へ行き、徒歩5分ほどの三原港から高速船で大久野島に向かうルートがあるのですが、こちらが土日祝日限定運航になっています。
これが復活すれば、呉線のダイヤがもう1本分早く使えるはずです。

広島の宿泊先は、ホテル山城屋さんが安くておススメです。(楽天トラベルでの予約も可)
夜は繁華街で名物のお好み焼きも良いでしょう!

お好み村のページはこちら!


5日目

広島から宮島(厳島神社)へ

ちなみに原爆ドームであれば路面電車で行って外観を撮影するのは手軽です。

広島8:06(山陽本線)宮島口8:34
宮島口港8:45(船)宮島港8:55
世界遺産の厳島神社を参拝していきましょう!
シカを眺めたり、出店の焼きもみじ饅頭を食べたりするのも良いでしょう。

宮島から岩国錦帯橋空港経由で羽田空港へ

帰りは飛行機の安い時間帯に合わせていますので、遅い時間にすれば広島市内の滞在時間をとったり、錦帯橋に足を伸ばしたりすることも出来ます。
広島空港から帰るのは意外と空港までの足がかかるので岩国空港を選んでみました。

宮島港12:20(船)宮島口港12:30
宮島口12:42(山陽本線)岩国13:04
岩国駅前13:18(空港バス)岩国錦帯橋空港13:25
岩国錦帯橋空港14:05(ANA636)羽田空港15:40

07/03時点ではスーパー先得が10,190円でした。
他に17:40発が14,290円、19:45発が14,490円となります。

まとめ

なお、JRのきっぷは毎回購入では大変ですので、あらかじめ宇野駅で「呉線回りで岩国まで」(4,070円)と購入しておけば、そのきっぷで途中下車していけば買いなおす必要はありません。
宇野から直通岡山行きの電車内で車掌さんから買うのも良いでしょう。

また、尾道からそのまま帰る場合は、三原へ出てから連絡バスに乗り、広島空港より帰るのがおススメです。
広島空港からの値段も岩国空港からの値段も同じで、広島空港の場合はANA以外にもJALがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です