福岡空港から門司港まで在来線で移動

小倉まで割引きっぷが利くので、ソニックを利用。一旦ここで下りて別料金で門司港へ向かいます。 門司港行きは811系。近郊電車の中では古株になりましたがモーター音が好きです。
門司港駅はリニューアルオープンしたばかりでスタバ狙いの人が多いです。 昔ながらの雰囲気を残しつつ、内装も外装もリニューアルですね。

さすが文化財指定をうけた駅の風格

JR全線最後の駅として降りたこの駅ですが、今でも風格漂いますね。
門司港自体がレトロ地区としてよみがえったのもうれしい限りです。

日豊本線経由で朽網駅へ

北九州空港へは、小倉駅からもバスが出ているのですが、安くあげる為に、路線バスがある朽網駅まで移動します。

多くはないけど、そこそこ需要もある路線

途中はほぼ乗り降りがないまま、空港にかかる長い橋を渡っていくと空港です。
夕方から雷が鳴っているのか、あちらこちらで空が光っています。
友人がたまたま小倉駅からのバスに乗っていて、空港で合流しました。

北九州空港到着

友人は羽田便、私は小牧便に乗ります。そんなこんなで空港内は混雑していますが、時間も遅いのでレストランとかもなく、食事については売店で適当にみつくろう感じで済ませます。

保安検査も済ませて、カードラウンジでも入るかなと思ったら、変なアナウンスが?

「小牧空港行きは上空の雷により着陸が出来ない為引き返しました」
係員も飛んできて、乗客を一旦保安検査場の外に出るよう誘導。どうみてもヤバい展開!急いで出て、FDAのカウンターに並びます。結論はこれが正解で、JALのカウンターに並んだ人はFDAカウンターへ誘導されます。当然長い列が。

目的は北九州空港の利用だから、乗らないと意味ないので。

この大義名分が無ければ、小倉に戻って、翌朝の新幹線で次の目的地の大阪に向かったのですが、やむを得ずネットで調べて普通運賃が1席だけ残っていた羽田便を押さえて、そちらに振り替えるという理由で払い戻しをしてもらいました。
天候が理由なので、ホテル手配とか一切ありませんからね。幸い列が2番目だったのと、雷の影響で羽田行きは遅れて着陸(小牧便は早く帰らないと空港利用時間オーバーだから判断が早かったけど、雷が遠ざかったので着陸出来た)しているのが分かったので、何とか間に合うだろうという考え。
結果的に正解で、最初の人だけでも10分くらいかかりました。自分は、こうしたので払い戻しお願いします。で手続きして完了。荷物を羽田行きに移してもらって保安検査済ませる。
あとはラウンジで今日の宿のキャンセル手続き。天候とはいえ80%持っていかれるのはつらい。4,900円(レッドプラネットホテル名古屋)だから3,920円か。
併せて東京の宿探しをするが、泉岳寺のアパが安く入れたのでここで決まり。
飛行機は中央席だったけど仕方ない。24時近くで京浜急行も最終の泉岳寺行きに乗車しました。

ホテルはアパホテルへ

3/15 アパホテル品川泉岳寺駅前 素泊まりシングル6,000円
大浴場有

飛行機実績

No. DATE 出発 到着 便名 種別 金額 J MILE FOP FOP@ 合計額 MILE計 FOP計
欠航 3/15 北九州 小牧 JAL4428 先得割引                
16 3/15 北九州 羽田 JAL378 普通 43,990   668 1,468 29.97 222,790 3,997 10,788

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です