飛行機の座席は景色の見える窓側を取りたい。

ひとり旅
スポンサーリンク

飛行機も列車もそうですが、景色の見える窓側の座席を予約しています。流れる景色が好きなのか?


出発までは新潟空港にてまったりと。

新潟空港でレンタカーを返却して、お土産コーナーを物色したりしながら伊丹へ向かう飛行機を待ちます。

中にはこんな手の込んだステンドグラス風の絵があって、しばし見とれてました。新潟といえば、上越新幹線で現美新幹線を走らせたりしているし、花火大会も有名かつ大規模なものが多い(長岡、柏崎、片貝など)から芸術的な取り組みにもともと力を入れているのかな?なんて思いました。


新潟空港のラウンジはカードラウンジのみ

空港の2階にカードラウンジがあるので、同じ2階の保安検査場とも近いから休憩していきます。
Jal Global ClubでGOLDカード持っているので、無料で利用出来ます♪

ソファも深く沈む感じで良い座り心地でしたし、コンセントも椅子の脇についているところが多くて便利です。


さて、伊丹へ向かいます!

保安検査場が、ANA便の伊丹行きと時間がかぶって混雑していましたが、テキパキと進んでくれました。
優先搭乗で乗る人はビジネスマンが多い割には案外少なかったかな。
知らぬ間に雨がちょっと強くなってきた感じ。

JGP修行の72本目の飛行機はエンブラエル社のERJ190。
クラスJがなかなか取れないけど、1人用座席があるので毎回狙ってます。
とはいえ、普通席も上々の座り心地です。
WIFIインターネットサービスがないので、自前の音楽聴きながら。
定刻通りに出発、離陸していきます。


雨が降ろうが、上空にて夕暮れを眺めつつ

19:20発なので、上空に出ると夕暮れの名残が見られました。
刻々と夜へと色を変えていきます。

これ、何度か撮りなおしてやっと撮れた一枚です。
翼の先端のランプは航空灯で、常に点滅しています。

航路上の雲が時折切れるので、下の街の灯りを映しこみながらとかいろいろ狙ってみます。ただし街から山に入る前にやらないといけないので大変ですが。
日中はある程度どのあたりかを地形や川、線路とかで分かるのですがね。

そうこうしている内に岐阜→愛知→三重→奈良と進んで伊丹への進入路に入ります。奈良県にさしかかるあたりで、混雑の影響か2周ほど旋回してましたが、5分遅れくらいで伊丹空港に着陸しました。


この日は翌日の為に神戸まで。

翌日の用事の為に、神戸の元町に宿をとっています。
20:40に着陸して、出口に一番近い14番ゲートに入ったのと、Jal Global Clubの恩恵で荷物が5番目に出てくれたおかげで、21:00前には空港を出ることが出来ました。

バスか電車か、悩む選択

宿が三宮駅の西口から歩いていけば近い事がわかったので、三宮までのルートを考えると、

  1. 直行バスに乗って三宮まで40分1050円
  2. モノレールで1駅蛍池まで、阪急で十三乗換で神戸三宮まで50~60分570円

でしたが、直行バスは、かなりの人数がいるので最終の21:15はかなり微妙な感じだったので、列車を利用しました。

予想よりはモノレールに乗る人が多くなくて、ギューギューにはならずに発車。
半分以上の人が蛍池で降りて梅田もしくは宝塚方面に流れます。
のんびりしていたので、乗るべき急行に間に合わず、次の普通になりましたが、かえって空いていたので座っていけました。
十三からの特急は立ちになりましたが、22:00には三宮へ到着。
迷いそうになりつつも、ホテルに着いて、近くのラーメン屋で遅い夕食。

九州ラーメンのような細麺のしょうゆ味に、ミニ梅マヨチャーシュー丼。

タイトルとURLをコピーしました