こんにちは!ひとり旅アクティブ系ライターのDJRかもちゃんです。

今回は、9月1日よりJALの羽田と福岡の間で運用が開始されたエアバスA350を中心に、小松→羽田→福岡→那覇ルートを書いてみます。


福井県鯖江市から石川県小松空港へ


昨日はJR鯖江駅近くのホテルα1に泊まりました。福井駅近くはあんまり安いところがなかったから良い選択でしたね。
レンタカーで出発~!国道8号線を走って、大聖寺駅のあたりから北陸自動車道に沿うように走っていくと、空港を通り過ぎていかないとガソリンスタンドがない・・・。少し走ると見つけたので給油して車を返却。そのまま空港へ送ってもらい、今日1日分の航空券を発券してもらいました。

小松空港到着

福井県立恐竜博物館のモニュメントがこちらにもあります。口を開いた時に遠近法で写真を撮るとなかなかなものが撮れるかも?

保安検査場通過して、さくらラウンジへ。

ダイヤモンドプレミアラウンジがあるのは、千歳、羽田、伊丹、福岡、那覇の5つになるので、他はさくらラウンジの利用となります。
ですので、少々こじんまりとした感じです。

あられなどのおつまみとコーヒーや紅茶、ソフトドリンクの他、ウィスキーやビールとかも飲むことが出来ます。
でもさくさく塩あられや米つぶ焼きは初めて見たから、ここ特有かも?

羽田空港行き、座席はクラスJの1A席

ひそかに期待していたのが、この飛行機の座席。
クラスJを予約したのですが、座席指定で一番前がなぜか取れたのですよね。
しかも2番目と比べて座席数が少ない・・・もしやスーパーシートが運用扱いでクラスJ格下げ?と思ったら、まさにそうでした。

こんな感じで座席も足もしっかり伸ばせるので楽ちんでした。

空港を飛び立ち上空で旋回してから一路羽田空港へ向かっていきます。


羽田空港の魔法の扉へ

羽田空港到着、一旦外に出て魔法の扉へ

乗り換えだったけど、わざわざ到着口を出て、この秘密の扉(ダイヤモンドもしくはJGCプレミアの人のみ利用可能)の専用検査場→ラウンジへ直行を通りました。

羽田空港国内線南のダイヤモンドプレミアラウンジへ

南ウィングのダイヤモンドラウンジは少し狭い感じがしますね。
お昼時でもあるし、休憩に来る人が多いです。

パンが2種類、クロワッサンと後ろのはハムとか織り込んでました。

おにぎりも2種類。奥の鳥しぐれ煮は各地共通ですが、手前のは羽田用かな?

さきほどの小松のさくらラウンジと比べると、ウィスキーの銘柄もランク会ってしていますねー。山崎の12年です。

休憩中に、おススメのカレーパンが登場しました。

味噌汁と、万次郎かぼちゃと野菜のスープが選べます。

結果的にこんなチョイスでした。(右下はカプチーノ)


いよいよA350初搭乗

もうすぐ大都市路線に入る予定のA350

やはり見た目もスタイリッシュに見えるものですね。

座席はクラスJでした。全席モニターカメラ付きですから、スターフライヤーばりのレベルになりますね。

横から見た座席。読書ライトが個別にあります。

つい見てしまう尾翼からのモニターカメラ。前方からの映像と切り替え出来ますね。映画とかもあるので、時間つぶしにはもってこいです。


福岡空港に到着

横の文字がかっこいい!

福岡空港に着いて、乗り継ぎ口を探している内にいつのまにか外に出てしまいました(汗)
降りるのが11と12番口になると、他のところまで8分くらい歩きますね。
ルートは一本道なので、到着口へ歩いていかなければ乗換はラクになったかな。

ターミナルビルが整備されましたね

ここでも魔法の扉が

出てしまいましたので、再び魔法の扉を使ってラウンジに行きます。

またまたダイヤモンドプレミアラウンジへ

ここの入口は落ち着く感じですね。

有田焼?なのか焼き物も置いてあります。

こちらもウィスキー、焼酎とランク高いですねー。出水の赤鶴と、黒白波、富士山麓でした。

おすすめは、手前の高菜パン。高菜のピリ辛炒めが沢山入っていて美味しかったですよ。

スープはミネストローネ風のトマトスープでした。


那覇空港へ向けて出発

ここからはJTAの飛行機になります。

今回は普通席の窓側10Kでした。1時間25分ほどのフライトですが、途中から何か変だな?と思い、フライトシミュレーターのアプリを開くと、予想通り旋回してました。
機長からも混雑で着陸順番待ちとのアナウンスがあり、島の南海上をぐるぐる回ります。20分くらい回ってようやく着陸。

見えてきた景色にちょっとホッとしました。

那覇の夕食

ゆいレール・国際通りと近いところへ

宿泊は美栄橋駅から徒歩5分ほどのホテルエアウェイさんへ。
受け答えもしっかりしていて笑顔を絶やさず好感が持てます。

ちょっと国際通りを歩く

日曜日の割に人が多かったな。中国本土が休みの期間だからか中国人が目立ったせいかもしれません。

公設市場は移転してもモール内は賑やか

お手頃な24時間食堂「いちぎん食堂」のステーキ

結局、駅近くのいちぎん食堂でステーキをいただきました。(税込1380円)250グラムにUPしました。専用のソースがついてくるので、それをかけたり、別にあったにんにくソースをかけながらペロッと平らげました。

さすがにこれだけ移動すると疲れるので、早めに寝ました。