ANAで千歳経由中標津行き、ホタテバーガーを組み立てる。

ひとり旅

6月21日(金)羽田空港内のファーストキャビンで出発準備。電車乗る必要がないのがメリットですね。

普段は見慣れない第二ターミナルより、千歳行きへ搭乗。荷物はセルフ式。ヘルシンキで初めてこれ見て感動したなぁ。6時15分と非常に早い出発とはいえ、満席だからてきぱきと動く。道中は雲の中だから一気に眠気が押し寄せてくる。5分遅れ、中標津行きまで15分しかないが隣のプロペラ機がそうだから焦る必要はない。搭乗デッキがあるのが驚き。
17年ぶりに中標津空港へ。新しくなったのか、いろいろと新鮮に見えるものばかりです。ニッポンレンタカーのカウンターで受付をして近くの営業所まで行く。NOC初めて入ったのは牛との衝突リスク考えて。尾岱沼へ向かうが、道道をいろいろとさまよってみると、こういう景色に当たります。農道も道がしっかりして走りやすいです。

ジャンボホタテバーガーとは??

道の駅おだいとうに到着。野付湾に浮かぶ打瀬舟は・・・もう撤収したみたいでした。ここは国後島に一番近い場所ですが、今回も姿は見られず。北方領土といえば、例の代議士どうなったんだろ?牧草を乾燥させて巻いたロールベールサイレージがあちこちに積まれています。道東は結構起伏がある地形なんですよね。
注文した別海町名物のジャンボホタテバーガーが出来てきました。
春巻きみたいなのがホタテまるごとのフライ。
パンは別海牛乳で作ったものでこれだけでも十分美味しいです。
牛乳もドカッと500mlのジョッキで出てきました。濃度も濃いので、濃いめ好きな自分にはうれしい限りです。完成図はこちら。詳細は表紙の写真に掲載されていますが、茶色の味噌味ソースがポイントみたいですね!
タイトルとURLをコピーしました