管理職は強制でお試し

前の会社では、2017年頃から管理職(課長代理以上)になると、誕生月の前後あたり(多少調整アリ)で有給休暇を強制的に取らされて土日を挟んで一週間連続の休みを取るルールが作られました。

後の2019年4月1日からは以下のようになりました。

労働基準法が改正され、使用者は、法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日、年次有給休暇を確実に取得させる必要があります。

厚生労働省 働き方改革 年次有給休暇の時期指定より引用
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/salaried.html
そんなわけで、何しよう?とか仕事をその間どうするか等悩む人が続出しました。

やることないなぁという人

実際にやってみると、人それぞれの特徴が出てきました。
取得したあとは何をしたか報告義務もありましたので(^^;

家族サービスの人

食事を作るとか、子供やペットの面倒は自分が見るので、友達とどこか行っておいで!という方が結構見られました。
この際だからと大掃除にあてたりする人もいましたね。

勉強に充てる人

資格の勉強とかに充てる人や集中して読書に充てる人もいました。

会社にこっそり出てくる人

一定数こういう人もいました。本社からの監視があるわけではないから、出勤簿は休み扱いだけど出てきていたり、あとは取引先に直行直帰という人もいました。
もちろん会社のデータの持ち出しは厳禁ですが、ポータルサイトとかには繋がってしまうので、それで指示している人も多かったですね。
一応1日1回くらいは私も見るようにしていました。

ここぞとばかり遠出する人

私を含め、会社が取れと言ったんだから堂々と休むぞ!と国内旅行に出かける人もいました。多少はどこがいいか?とかの相談ももらいました。

私の場合は

私の場合は、普段においても仕事柄休日出勤をして振替することがあるので、4連休くらいは年に3回以上取得していました。
とはいっても一週間連続は滅多にないのでどこに行くかは迷いました。
結果的には普段行かないところに行く!ということで、
奄美大島2泊、沖永良部島、与論島各1泊という旅行をしてみました。前泊と休息日でちょうど一週間になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です