01/24 京都香りの定期観光バスとライブハウストコナッツ

ひとり旅

毎年恒例の定期観光バスへ

昨日買ったメトロ24時間券がまだ使えるので、単純に秋葉原→東京をJRで行かずに、宿からほどなく歩けばたどりつく淡路町まで行って丸ノ内線で2駅東京まで乗車。カプセルホテルでほぼ寝てないから、ひかり号のグリーン車をEX-ICのポイント800使って購入して、京都までゆっくりしていくことにしました。
これも10号車の喫煙ルーム付近が一番空いているのでおススメです。

10:20発 第54回京の冬の旅 “香り”で楽しむ京の旅~写真では語れない旅の思い出を~

金曜日ということもあって、18名と空いており、指定座席を離れて悠々と座席を使えます。ほぼ満席だと修行状態になりますからこれだけでもらくちんです。

お香の松栄堂と無鄰菴(むりんあん)・菊水・ブルーボトルコーヒーと川勝総本家の3ポイントと移動距離も少なめで歩くのも、最長で5分程度です。
だいたい5時間半くらいのコースになります。この日は各所とも空いていて交通渋滞も無かったし、集合時間も皆さんきちんと守られたおかげで予定より少し早く京都駅に戻ってきました。

松栄堂、お香など香りの箱を体験

最初に館内の説明を受けてから自由見学。
ジャコウジカの臭い袋はもはや幻の香料ですが、思い切り吸い込むと強烈なインパクトがきます。
お香は、こんなに沢山種類があるんだ!と30種類を軽々超える香りを片っ端から嗅いでみます。自分の中では気に入ったのが3割、うえーっとなるのが7割。たぶん、想像した臭いよりきついのが多かったせいでしょうか。

ポンプを握るとラッパ状のところから臭いが出てきます。

1つ1つ入ってみて臭いを体験してみる

山県有朋の別荘無鄰菴

続いては、明治の大御所、山口県出身の山県有朋別荘。
こちらの別荘は、先ほど訪問した松栄堂のお香を焚いてあり庭園内でも風にのって香りを楽しみながら東山を絵の中に取り入れた景色を眺める事が出来ます。

苔を用いず、芝生が多く取り入れられています。

歩いて移動し、南禅寺にある菊水で昼食

移動中に琵琶湖疏水インクラインの線路跡を。このあたりの桜は穴場だそうです。インクラインも歩けるので、両側に咲く桜並木を楽しめるとか。

食事内容はこんな感じでした。最初のスープでは山椒の香りがアクセントに、スズキにかかる燻製風の濃いソースが蕪にもよくあいます。
なお、イカのマリネはこの日小エビのサラダに変わっています。

水路閣まで足を伸ばしてみる。

せっかくなので、南禅寺のほうへ歩いていき、水路閣まで行きました。
ここは火曜サスペンスで撮影が多くある場所とかで、レンガのアーチが美しいです。もしこの上に列車でも走ったら卒倒しそうなくらい鉄道橋にもなりうるような場所です。

中国人のモデルさんが撮影をしていました。

酸味の強いブルーボトルコーヒー

なぜか外国人に特に人気のコーヒー店へ。
1杯分のチケットが付いているので、いただいていきます。
ホームページはこちら。

お漬物の香りを楽しむ。川勝総本家

最後は大宮の京町家にある川勝総本家さんでお漬物の説明と実演です。
千枚漬けの実演で歯ごたえを確かめたり、口の中に広がる香りを楽しんだりします。

ほうじ茶の香りも独特なものがありました。奈良漬けと思ったのは、実は味噌漬けだったりと食べてみて納得するものが多いです。
もちろん、皆さんいろいろお買い求めになられました。


夜はライブハウスへ

宿は四条烏丸のチェックインホテルへ。
素泊まりシングルで5,500円に宿泊税200円を現地払いします。
そこから八坂神社のあたりまでひたすら歩きますが、意外と観光客の数は減っており、3年くらい前の常にぎっしりな感じがなくなりました。

ライブハウストコナッツ

オーナーのトモさん他、ライブハウスつながりで出来たお店で、私自身は初訪問です。

京都のライブハウス・トコナッツのホームページ

19:10と20:00~1時間ごとで5回のステージがあります。
夜が深まるにつれてお客さんも増えて賑やかになりますが、演奏自体は最初から元気いっぱいで、こちらも元気をもらえます。
こじんまりとしてますが、その分お客さんとの距離が近いので、お互いの熱量がかみあうと爆発するような展開になりますね~。

唐突にbirthdayお祝い

最終ステージで呼ばれてサプライズなお祝いをいただきました。

タイトルとURLをコピーしました